NEW TREASURE/英語勉強法/英検/教材販売

プログレス英語学院

プログレス英語学院

メルマガ

塾経営者の方へ

英語指導での成績UPにお困りではありませんか?

  1. 成績をあげづらい科目→英語
  2. 英語以外の科目は教科書を利用しなくても成績アップは可能
  3. 英語だけは、教科書を利用せずに成績アップは困難
  4. なぜなら、教科書の本文の英語が定期テストに出題されるため

塾の授業の中に教科書を扱うことが成績アップのポイントなのです。

塾関係者の方々へのメリット
当塾の英語指導法は
小学生英語にも応用可能
定期テストでも成績アップ
模試で偏差値アップ
そして将来のTOEICで高得点を目指す
指導法なのです。

当塾の英語指導法は、最新英語理論による英語学習法です。まずこちらをぜひご覧下さい。

1学期中間・期末、2学期中間 3回連続学年1位
ベネッセ模試で偏差値71
中学卒業時には英検2級合格目標

当塾では、英語の達人たちが成し遂げた、
塾生全員に英文暗記を実施しています。
教科書暗唱に成功すると、
定期試験 学年トップ、模試偏差値 70突破 英検1級合格 TOEIC満点が可能となります!!

注:英語の達人:英文科大学教授 同時通訳者 翻訳家 TOEIC満点 英検1級合格者を指します。

本校テキストの特徴

  1. 塾長が英語の専門家でなくても指導可能で、塾全体の英語成績アップが可能な教材
  2. 教科書ガイドよりも、応用性が広い、当塾独自の英文テキスト
  3. 指導がしやすく、成果がわかりやすい①和訳テスト、②並べ替えテスト、③英文テスト 付き
  4. 英語成績アップのコンサルタントも行います

採用のメリット

  1. 他塾との差別化・・・英語に強い塾、英語の成績が上がる塾と評判になります
  2. 小学生の低学年から英語が導入されるということで、従来より英語の需要が見込まれること
  3. 英語の専門家がいなくても、使いやすい英語教材
  4. 採用された塾の指導法や講師によって、使い方が自由になること

利用者の声

現在首都圏で大手FCに加盟しているS塾長
2012年 2月開校 開校半年もたたずに塾生300名突破

白石先生とは前職で一緒にお仕事をさせて頂きました。ほぼ同時期に前職を退職しました。
一度、塾という業界から身を引きましたが、白石先生が独立をして塾を楽しそうにやっている姿を見て自分ももう一度やってみようという気持ちになりました。

私は理系出身で理系科目は得意なのですが英語が苦手で、塾を立ち上げる際、英語の指導法を白石先生に相談しました。
たまたま私が開校をする地域の教科書が、白石先生が最初に作成をした英語テキスト・開隆堂サンシャインと同じだったため、英文テキストを譲っていただきました。

その効果は抜群でしたね!生徒のみならず大学生の講師からも絶賛されていました!!
昨年の話ですが、保護者面談をしていた時、その保護者の方も実は塾を経営されていたのですが、「今自分の娘がやっているあの英文プリントはすごい!よければ譲ってくれませんか?私の塾でも採用したい。」といいう話になり、白石先生をご紹介した経緯があります。(笑)

萩原 正欣 氏
自立学習塾 マイセルフ塾長

白石先生が人生をかけて本気で塾をつくっているのが教室の雰囲気からわかりますよ!

2011年 3月 25年も勤め上げた塾を退社。その後、3月11日の大震災。後から伺ったお話ですが、「なんでこんな時期に会社をやめたのか?」と絶望に打ちひしがれていたそうです。
それでも、白石先生は最新の英語教育を考えて英語を苦手とする生徒を救ってあげたい、そしてそれを広めたい・・という思いに突き動かされ、同年6月にプログレス英語学院を開校。たったお一人で、3か月という短期間でつくりあげた塾。すばらしいです。とにかく熱い思いを胸に、突き進んでしまうその行動力、こどもたちの鏡ではないでしょうか?

実際の英語指導法をお聞きになれば大変驚かれると思います。従来の英語指導法とは違い、子どもたちの目線に立ったほんものの英語指導を確立しています。代表が相当の思いで立ち上げた最新最強の英語塾であると確信しています。

もし英語指導でお悩みの方がいらっしゃるのでしたら、迷わず白石先生にまずご相談なさってはいかがでしょうか?白石先生なら親身になってあなたのお悩みに応えて頂けると思います。

塾対象指導セミナー

これまでに数多くの塾向け英語セミナーを実施してきました。今後もセミナーを実施致します。今までは東京で主に実施をしてきましたが、今後は遠方からでも参加しやすいようにスカイプ・ズームなどでのネットの無料テレビ電話を利用して実施を考えております。

セミナーの様子①
セミナーの様子③
セミナーの様子④

英語指導に役立つメールマガジンの購読

現在準備中です。

お問い合せ